ニューバランスのスニーカーのクッション機能を知る

https://newbalance-love.com

お手入れ・豆知識

ニューバランスのスニーカーのクッション機能を知る

履き心地がいいのはクッションのおかげ

紳士靴やパンプスが履いていて疲れるのは、【革靴】だからでしょうか?とはいえ、スニーカーだからといって必ずしも疲れにくいわけではありません。
極端な話、500円くらいのノーブランド品のスニーカーを履いていると、足の裏や関節が痛くなってきたりします。ニューバランスのスニーカーに搭載されているクッションテクノロジーは種類が豊富で、どれも履き心地は最高です。
代表的なクッションを知っておくとスニーカー選びがラクに、もっと楽しくなります。

ポイント

ニューバランスのスニーカーは、足がとっても疲れにくい事に定評がありますが、ミッドソールのクッションテクノロジーに秘密がありました。

ミッドソールとは?

ミッドソールの位置

ミッドソール、アウトソールを解説

ミッドソールとはアウトソール(靴底)の真上にあるクッションの部分で、一般的に「クッション性が良い」とされるのはこの部分です。
アウトソールは、地面に付く接地面のソールのことを指します。いわゆる、靴底とか言ったりします。

ニューバランスのミッドソール5種を説明

ABZORB(アブゾーブ)

ABZORBの説明

ABZORBを図解

ぼ100%衝撃を吸収したのち、その衝撃を反発に変えてくれる。

こちらのスニーカー、990v2には前足部(つま先)とかかとに【ABZORB】が搭載されています。
アジア生産の廉価版にも搭載されていることもありますので、「このスニーカーはコスパがいいかも!」と思っていただいて大丈夫です。
フルレングス(ミッドソールまるごと全体)がABZORBのモデルも、もちろんあります。

代表的なモデル

  • ABZORBが採用されているモデルは、ML725M1700 など
  • 卓越した履き心地の良さでコアなニューバランスファンをも唸らせ続けています。

C-CAP(シーキャップ)

C-CAPの構造

化抑制&クッション性を両立している圧縮形成されたEVA。

【EVA】とはエチレン・ビニール・アセテート樹脂を調合したスポンジ素材のこと。
世の中の靴の大半はEVAを使っている、と言い切れるほどEVAは身近な素材です。そのEVAをギュッと圧縮することで加水分解や経年劣化に強くなり、クッション性も向上しているのが【C-CAP】
体重がかかるとシワが付きやすいのがちょっと気になりますが、履いた時の柔らかさがとても好きです!

代表的なモデル

  • C-CAP採用の代表モデルはM576
  • 最近だと廉価版CM996にも搭載されています。

FRESH FOAM(フレッシュフォーム)

FRESH FOAMの構造

FRESH FOAMを図解

チの巣構造が、誰が履いても同じクッション性・正しい足運びをサポート

ミッドソールの表面にハチの巣のような凹凸がある。

フレッシュフォームの凹凸

フレッシュフォームの凹凸

メモ

  • 外側は凹
  • → 負荷がかかると潰れやすい。クッション性◎
フレッシュフォームの凹凸

フレッシュフォームの凹凸

メモ

  • 内側は凸
  • → 負荷がかかっても潰れない。安定性(ブレにくい)◎

この性質を利用しているので、どんな体格の人が履いてもクッション性と歩行安定性が変わらない。従来のようにミッドソールの素材を何枚も・何種類も組み合わせなくても、1枚で解決できてしまうのがフレッシュフォームの強みです。

代表的なモデル

  • FRESH FOAM採用の代表モデルはZANTEなど。
  • 軽いのでランニングシューズ、フィットネスシューズに搭載されている傾向が多いです。

REVLITE(レブライト)

REVLITEの構造

REVLITEを図解

量性・耐久性・クッション性の三拍子が揃っている

軽さはNB随一と言われるだけあり、軽すぎて、心配になるくらい軽いです。
アジア生産モデルによく見られるため、チープな印象を持たれがち。ですが、軽量化のためにハイエンドモデルのスニーカーにも搭載されていることも。
フレッシュフォームよりも反発弾性がマイルドで、軽いのに1日履いても疲れないので、私はかなり好きです

ENCAP(エンキャップ)

ENCAPの構造

ENCAPを図解

ルフローレンも絶賛!みんな納得のクッション性と安定性
エンキャップの構造

エンキャップ構造を図解

エンキャップの構造を簡単に説明すると、
【EVAを、耐久性をもたせた頑丈なポリウレタンで囲っている】
という感じです。かつてラルフローレン「雲の上の履き心地」と例えたM1300のミッドソールはエンキャップでした。

代表的なモデル

代表的なモデルだと、誰しもが街で見たことがあるML574シリーズはエンキャップが搭載されています。 

実は、私が最初に感動したのはML574のエンキャップでした。履き心地が良いことにビックリして思わず家を出て散歩をしたくらいでした。

テクノロジーは目を凝らすとすぐ分かる

今回はニューバランスのスニーカーの代表的なミッドソールテクノロジーをご紹介しました。
「どこを見たら分かるんですか!?」とちょっと不安な方もいるかもしれません。ミッドソール部分に、プリントされているか、目立たない感じで刻印されていますので、手に取ってグルっと見てみてください。

レブライト

目立たないのでデザインを邪魔しない

 

フレッシュフォーム

ミッドソールではない所にプリントされていることもある

まとめ

ミッドソールテクノロジーABZORB(アブゾーブ)C-CAP(シーキャップ)FRESH FOAM(フレッシュフォーム)REVLITE(レブライト)ENCAP(エンキャップ )
  ABZORBの説明 C-CAPの構造 FRESH FOAMの構造 REVLITEの構造 ENCAPの構造
特徴ほぼ100%衝撃を吸収したのち、その衝撃を反発に変える。EVAを圧縮成型することで経年劣化に強くなり、クッション性も向上。ハチの巣構造になっている事で誰が履いても均一のクッション性を期待できる。軽量性・耐久性・クッション性の三拍子が揃う。ランニングシューズなどによく使用される。馬蹄のような形をしたポリウレタンの中にEVAが封入されているクッション構造の名称。
メリット衝撃吸収性の高さ。加水分解に強い。単一素材で軽い。軽いのにすべてを兼ね備えている。安定性と衝撃吸収性に特化。
代表的なモデルM1700、CM1700M576CM996ZANTE その他搭載モデル HANZONERGIZEML574M1500M996

  • この記事を書いた人
may

may

製靴の専門学校を卒業後、574の履き心地に衝撃を受けたことをきっかけにシューズの良さを1人でも多くの人に伝えたいという思いからnew balanceの店舗で働き年間数千人以上の接客をしてきました。 足のサイズは25.5cm。メンズもレディースも両方いけます。

-お手入れ・豆知識
-, , , ,