生産終了】2年履いてみてわかったニューバランス1400の魅力

https://newbalance-love.com

モデル

2年履いてみてわかったニューバランス1400の魅力

日本人の足に馴染むM1400

とにかく日本人の足に合いやすく、幅広め・甲高の方でも履きやすいので誰にでもオススメできる一足です。
また、M1400は、街中で男女・年齢問わず本当によく見かける人気のモデルでもあります。
なんだかフツーっぽいどこにでもあるニューバランスに見せかけて、オーソドックスな廉価版のニューバランスのスニーカーとは違った魅力があるので紹介していきます。

実は日本と深い関わりがある

本場アメリカで作られる高級なニューバランスのシリーズの1つであるM1400。

ポイント

20数年前の工場の技術では量産は無理!と言われてお蔵入りになったものの、ニューバランスジャパンの技術や材料を調達したことにより、一度は幻となった1400はめでたく1994年に製品化しました。

日本支社の方の情熱があってこそ生まれた、アメリカ生まれの正規展開は日本が初めてという唯一のモデル。惜しまれつつ2018年時点で一旦生産終了しています。ニューバランスのマボロシ的な存在で熱狂的なファンも多いと思います。

2021年以降、随時復刻してきているので、欲しかった人はまだ買えるチャンスはあります。

実は1000番台の3作目

1985年、1000番台のデビューを飾った【1300】
その次は1400と行くはずが・・・実は【1500】が先にリリースし、1300の後継となりました。
理由は先程述べたように、M1400の量産化が難しく発売が遅れたため。
そんなワケありバックグラウンドも1400が愛される理由の1つであるような気がします。笑

リリース順

①1300→②1500→③1400→④1600→⑤1700

ファッション業界でも人気

後述にもありますが、アメリカのブランドJ.Crewが別注モデルを出し、ファッション業界で注目を浴びました。
made in USAシリーズの中でもファッション業界で根強い人気があるM990と並ぶくらい、いまだに支持されていると言っても過言ではありません。

元NB店員が2年履いてみて本気レビュー

GOODポイント

GOODポイント

  • 足が包まれ、履き心地が柔らかく気持ちいい
  • 統一感があり、どんな服にも合わせやすい
  • 意外とスマートな見た目で、スニーカーなのにラグジュアリー

このフワフワでもちっっとした履き心地は、他のモデルではなかなか味わえない感触です。
歩いた時、つま先に地面の感触がダイレクトに伝わり、足が包まれていると分かる。
ただハイテク系の履き心地ではなく、クラシックに振っています。

巷では「ボッテリ感がある」と言われていますが、ML574やM576と比べると、スッキリしていると感じます。
ぱっと見のデザインはML574やM576みたいだ、なんなら見分け付かないわ!という方もいらっしゃるのではないかと思いますが、全然違う独特のオーラみたいなものがあります。(笑)本当です。
見ただけで「おっ!1400だ!」と分かる存在感、かっこよさがあります。

1400と似ている574・576は同じ木型を使って仕上げていますが、ミッドソールの意匠やつま先部分のメッシュ、ラインなど・・・少しの違いでこんなに印象が違います。

1400と574のデザインの違い
メッシュやつま先カーブの形にも違いがある

ML574と576はカクッとした直線的なラインが多めで、メッシュの面積が大胆に大きいです。
M1400は波のような湾曲ラインで、メッシュの面積もやや控えめ。
普段ここまで気にすることは無いと思いますが、靴はちょっとの違いが、全体のイメージに影響します。

ちょっと気になるポイント

気になるポイント

  • 全面スエードは色落ちが敵。お手入れ必須
  • 走ったり激しい動きにはあまり向かないような気がする
  • インソールがヘタってくるとフワフワが薄れる。

甲が高く幅も少し広めの作りだと感じるため、靴の中での足ブレが気になる方は多いと思います。
その場合は厚手の靴下で対応または、別売りインソールに入れ変えてみるなどもオススメです。

サイズ感は、幅広め・甲高め

ポイント

幅広め、甲高めで日本人の足に馴染みやすいぶん、買うときは大きめで買わないほうが良い。
逆に足が細い・甲低い方は履きづらいかもしれません。

多くの人が大きめでスニーカーを購入する傾向がありますが、M1400はピッタリで買うのを推奨します。
他のモデルよりゆったりめの作りなので、最初から大きめで買うと馴染んできたときガバガバになります。
ジャストサイズで買っても、2年履いているとかなり ゆったりとしています。

補足として、私は女性でmade.シリーズは25cmで履き、アジア製は25.5cmを履きます。
オーソドックスなCM996ML574よりも、よりゆったりするイメージなので、お手持ちのニューバランスのスニーカーのサイズから5mm下げてもいいかもしれません。
また、だいたいのニューバランスのスニーカーが履けるなら同じサイズで履けるはずです。

 M1400(男女兼用・25cm)CM996(男女兼用・25.5cm)ML574(男女兼用・25.5cm)
 
横幅広め細めやや広め~標準
足長少し余りがあるギリギリ
親指が先に付いている
が苦痛ではない
親指が先に付いている
が苦痛ではない
サイズを上げると余り過ぎる
かかとやや高い(ホールド力:高)低い普通

より詳しくサイズを見たい場合はこちらを参考にしてください。

絶対に失敗しないニューバランスのサイズ合わせ方
参考絶対に失敗しない!ニューバランスのサイズの選び方

続きを見る

補色必須のアッパー・スエード

人間と同じで革も日焼けして気付かないうちに色が変化します。ネイビーなどの色抜けが分かりやすい色は、補色を定期的にする必要があります。
ネイビーは放置していると白みがかって最終的にうす~いブルーになります。(笑)

M1400のネイビーは特に色抜けが早いので、「ケアとか面倒」というような方には修行のようなカラーでございます・・・。

なぜ1400はこんなに人気なのか

見た目は完全に、どこにでもある普通のニューバランス。知っている人じゃないと1400の良さがなんなのかは分かりづらい。
ただ履いてみると良く分かるのですが、非常にラグジュアリーな雰囲気を持ったスニーカーなのでカジュアルになりすぎず・子供っぽくならない。

M1400は固定のファンも非常に多く、いまでも街中で履いている老若男女を良く見かけます。

2021年以降ジワジワと復刻しています。(思ったより早かったです!)
是非チャレンジしてみて欲しい一足です。

  • この記事を書いた人
may

may

製靴の専門学校を卒業後、574の履き心地に衝撃を受けたことをきっかけにシューズの良さを1人でも多くの人に伝えたいという思いからnew balanceの店舗で働き年間数千人以上の接客をしてきました。 足のサイズは25.5cm。メンズもレディースも両方いけます。

-モデル
-,