モデル

ダサくないニューバランス・XC-72レビュー

年齢を問わず似合うモダンなNBです


コーデに合うかどうか、年齢に合うかどうか不安・・・など全く気にせず誰でも履きやすい主役級のスニーカーなので、迷ったら買うべきオススメしたい1足です。
ぺたんこすぎず、厚底すぎず、でも履くと足が長くキレイに見えるメリットもあります。

この記事の前半では、XC-72のレビューをしています。
他モデルとの比較や、サイズ感を知りたい方は記事の後半をご覧ください。

結論:どんな人にもマッチする存在感のあるモデル

存在感・かっこよさ
価格¥13,200~
サイズ感甲が低め、足全体が包まれるピタッとした心地
ミッドソールのクッションEVA
年齢・性別幅広い年齢のファッションに対応できる

個性的と思いきやモダンなデザイン

最初見た時は「なんじゃこりゃ~~~~」と思いましたが、実際に履くとモダンな印象で驚きました。
流線型デザインなので、ボリュームがありつつもスッキリまとまります。すごい。
個性的なデザインですが、30代overの女性の雑誌などにもよく取り上げられているのも納得です。
お店で見ると「これは無い!」と最初からアウトオブ眼中されてしまいそうですが、試しに履いてみてください!!!!お願いします!

素材

アッパーの素材はキャンバス生地×革。しっかりと厚みがあります。
近いモデルのMS327に比べると真逆な感じです。MS327は薄くて、XC-72はずっしりと厚みがあります。

靴の形状を綺麗に保つ役割がある、かかとのカウンター部分は更に革が貼ってあって強度最強です。
脱ぎ履きの時に最も力がかかる場所ですが、綺麗なシルエットを長く保つことができます。


キャンバス生地はある程度硬さがあるのと、アウトソールのゴムが大きく巻き上がっているデザインのため、外反母趾の方や、幅が広い方は一度試着してみるのがベターだと思います
ただ、履いていくうちにすぐ馴染んでくるだろうと思います。

一度見ただけで忘れられないソール

ミッドソール

今でこそ、スニーカーのソールにエアやらバネやら入っているのが普通になりつつありますが、1970~80年代のスニーカーはEVA(ビーサンの底のクッション)がペタっと付いただけのようなつくりのものが主流でした。

昔のニューバランスのスニーカー、現代の技術で作っちゃったらどうなんの~!?という試みがこのXC-72のコンセプトらしいのです。
手数が増えたからといって「エナジーやらTPUスタビライザーやらガンガン乗せたろ~!」という訳では無いのがミソ。
昔のスニーカーの原型を崩さないという制約の中で現代風アプローチをしている】のがこのXC-72の面白いポイントです。

XC-72はミッドソールもアウトソールも硬いのですが、観察しているとミッドソールにちゃんと一工夫ありましたので、お伝えします。

ポイント

前足部の屈曲部分(歩いたときに曲がる所)でミッドソールがプツッと途切れています

硬いソールが全体にしっかり付いていると正直歩きにくいし、すり足になったりと美しくない歩き方になっている人は多いです。
ですがXC-72の屈曲部には硬い部分がないので、足がちゃんと曲がります。天才・・・!

ランニングシューズの系譜の割には、つま先がスッと反っているタイプではなかったので、「これ歩きやすいのかな・・・」と疑心暗鬼でしたが、ソールパターンでちゃんと解決していました。
「ソール硬そう!」「疲れないの!?」と心配している方にも安心して試してもらいたいです。

ソールの反り比較

アウトソール

やっと本題、今回の主役はアウトソールです。

ポイント

1970~80年代のニューバランスのランニングシューズ3モデルをドッキングしたのちに、現代の解釈(技術)で再構築。
そのため、それぞれ2種類のソールパターン(形状)が使われている。

ミッドソール同様に、今でこそ様々な用途に合わせて色んな素材のシューズの底材がありますが、昔はゴムソールが主流でした。
「パッと見ゴムのソールだからチープなのか」というと、そういう訳ではなく、技術の躍進によって昔よりも様々なゴムが使い分けられています。
摩耗しにくいもの、滑らないもの、リサイクル素材など。

以上を踏まえて、ソールパターンを見ていきます。

外側がクロスカントリーシューズXC15のソールパターン、内側が375のソールパターン。
グリップ力が最大限に効く2種類のソールを、切り貼りが不要の1枚に融合しているのは、現代の技術ですね。
もちろん、ゴムの質も当時より良くなっているはずです。

カウンタリーインフォーサー

カウンタリーインフォーサーとは、カウンター(かかと)の所をグルっと囲んであるパーツのこと。
かかとを支える役目があり、歩行の安定性に一役買っています。
ニューバランスのスニーカーの多くに付いていますが、多くは薄いプラ製のものが付いています。

XC-72の場合、忠実にクラシックを守った結果、ゴムをぐるりと貼り付けてあります。

余談ですが、サイドのデカデカN、実は足を包んで引き締める役目があります。
実際に履いてみると、足の横がキュっと締まる感覚があると思います。
デザインとして主張しつつも、実は黙って仕事もしております。
靴にはあまり【無駄なデザイン】っていうものは無いので私は靴が大好きです。(笑)

別売りインソールとの相性

ニューバランスの別売りインソールのラインナップ
RCP130RCP900RCP280
軽量で柔らかい表面が革張りでふわふわ(柔らかい)土踏まずに頑丈なアーチサポート&弾性がある。
相性相性相性
土踏まずのアーチなし。足が滑りにくい。革を使用しているので通気性がよく高級感がある。
ただ、柔らかいのでやや疲れやすい。
土踏まずのアーチあり。足が滑りにくい。

履いていて柔らかいのが好き・・・RCP130RCP900を入れるのがオススメ。(足が疲れやすいならRCP130かRCP280がオススメです・・・!)
疲れにくさを重視したい、歩いていて足が動くのが気になる・・・RCP280RCP130を入れるのがオススメ。

別売りインソールRCP130RCP900RCP280
 
入れ変えた後の感想甲はまだ少し空いている
かかとの浮きは少しある
足が滑りにくくなるので歩きやすくなる。
甲はまだ少し空いている
柔らかいので足が沈み込む感覚
やや足が滑る
甲が靴にピタッと密着するようになった
足が靴と一体と化する
かかとの浮きが減った

サイズ感はゆったりではない

私は女性で足の幅の広さは普通(標準的)。普段、ニューバランスのアジア生産モデルは全て25.5cmを履いています。
ほとんどのモデルが【指先にも少しゆとりがあるか、丁度ぴったり】と感じます。

XC-72の場合、MS327同様に「お~~~ピッタリ・・・」となりました。
縦の長さが他のモデルに比べて小さめです。
MS327996をお持ちの方は、そちらと同じサイズで基本的には大丈夫だと思います。
持っていない方は、近所の靴屋さんでCM996を試着してみると大体わかります。

ポイント

アウトソールのゴムが大きく巻き上がっているデザインのため、外反母趾の方や、幅が広い方は一度試着を。
(ちょうど足の指の付け根のところにゴムが来ているので、人によっては当たりが気になります。)
幅がごく普通の私が履いても、当たりがあるなと感じました。

構造による当たりの違い

CM996・ML574と足入れして比較

 XC72(男女兼用・25.5cm) ML574(男女兼用・25.5cm) CM996(男女兼用・25.5cm) 
 
横幅ピッタリとフィットする(タイトめ)327,996に比べるとゆったり、指が遊ぶ余裕があるタイトだがアッパーが柔らかいので気にならない
足長親指が先に付いているが苦痛ではない親指が先に付いているが苦痛ではない。
サイズ上げるとデカくなりすぎる為×
親指が先に付いているが苦痛ではない
かかとピッタリとフィットする(かかと細め)やや踵が抜ける感じがあるかかとが低いが抜ける感じは574ほどは無い

インソールフィッティングで比較

 MS327(男女兼用・25.5cm)ML574(男女兼用・25.5cm)CM996(男女兼用・25.5cm)
 
横幅親指の付け根が多少はみ出るが
アッパーが布なので履くと気にならない。
足全体がインソールに収まる。小指の横が少しだけはみ出る。
足長インソールの先は少し多めに余る。
足入れして履くと丁度に感じる。
インソールの先の余り具合は丁度。インソールの先の余り具合は丁度。

ニューバランスのシューズのサイズ感を見る時に、中のインソールを取り出して足のはみ出し・余り具合を見るやり方があります。
(詳しくは下のリンクをご覧になってください!)

付属のインソールを取り出して、足を乗せ、横がはみ出し過ぎていたら足入れした時にキツイ、先が余りなさすぎると指が当たってキツイ、というのをスピーディーに見る事ができます。

私の場合3つとも足の横幅が少しはみ出しますが、履くと気になりません。
必ずしも「足が少しはみ出しているからダメ!」という訳でもなく、最終的には体感(明らかに痛くなりそうだ!とか履いていたら慣れそうという自分の感覚)で決めてOKです。

絶対に失敗しないニューバランスのサイズ合わせ方
参考絶対に失敗しない!ニューバランスのサイズの選び方

続きを見る

それぞれの特徴のまとめ

 XC-72(男女兼用)ML574(男女兼用)CM996(男女兼用)
  
価格定価¥14,300~(Amazonだと1万円以下な事も)定価¥10,890~(Amazonだと1万円以下な事も)定価¥10,890~(Amazonだと1万円以下な事も)
展開サイズ22.5cm~29cm 22.5cm~30cm 22~30cm (CMが付くのは男女兼用)
幅の細さ(ウィズ)D(細め~標準) D(細め~標準) D(他のモデルと比べると細め)
重量(片足)345g290g267g
生産地ベトナム・インドネシア・チャイナなどのアジア圏生産
  
new balance(ニューバランス)
¥17,900 (2023/01/30 22:03時点 | Amazon調べ)

  • この記事を書いた人
may

may

製靴の専門学校を卒業後、574の履き心地に衝撃を受けたことをきっかけにシューズの良さを1人でも多くの人に伝えたいという思いからnew balanceの店舗で働き年間数千人以上の接客をしてきました。 足のサイズは25.5cm。メンズもレディースも両方いけます。

-モデル
-, , , , ,