モデル

ニューバランス920を徹底評価!

コアなファンの多いM990v3のエッセンスを味わえてしまう、実はかなり面白いモデルのM920
こいつはイギリス製でありながら、アメリカ製のような顔をしている。
履くとかっこいい、それでいて足に優しい、更にNBの虜になってしまう1足でした。
元店員でありながら、靴を作っていたことがある私が細かく解説&解釈していきます。

920はこんなモデル!

存在感・かっこよさ
価格~¥31,900
サイズ感やや大きめに感じる・ゆったり
履き心地ほどよい硬さがあり安定する
ミッドソールのクッションENCAP(990v3のソールを使用)
誕生年2020

2020年にデビューした900番台ということに由来して、M920という品番がつきました。
ハイエンドモデル(高価なNB)の900番台はアメリカ製が多いですが、M991とM920の生産地はイギリス。

【イギリス製のNBは、ドレッシーでお上品】とよく言われますが、ハイテク系な見た目でイギリスらしからぬモデル。

元店員の正直レビュー

疲れにくさは最強

冒頭でも触れましたが、M990v3(M990の3世代目)のミッドソールが丸ごと付いています。
最初に結論を言っておくと、適度にグリップが効く履き心地で、足が屈曲しすぎず、歩きやすさ・疲れにくさはパーフェクトです。
私はNBミッドソールのテクノロジーに萌える人種なので、個人的に垂涎モノでした。
「そんなことがあって良いの!?絶対履きたい」と思っていてやっとGETしました。笑

履きやすさに定評がある・ファンの多いM990v3のクッション性やエッセンスを味わえる、面白いモデルとなっております。
詳しくはミッドソールの解説で後述します。

ハイテク×レトロ融合ハイブリッドデザイン

M920はハイテクっぽさもありながら、どこかクラシックさもある。
NBのハイテクスニーカーの代表作であるM990シリーズの要素や、少し大きめの【N】が配置されていたりと、新しさと懐かしさが共存しています。

公式の説明では、「クラシックなアッパー構造ではなく、現代的なシルエットでアッパーを構築」と言われているのですが、ML574CM996のような感じのアッパーではないで!という事を指していると解釈しました。
いわゆる、バラバラに分離したパーツがアッパー上に少ないものは、"靴の構造の定番"ともいえます。(=クラシック)
最近のNBのシューズでいえば、MS327がスニーカーの原点に近い構造をしています。
最新の技術を感じられる990シリーズが好きな方には刺さるようなデザインだと思います。

別売りインソールとの相性

RCP130RCP280RCP900
軽量で薄いので使いやすい
足が滑らなくなる
土踏まずにアーチサポート
反発弾性がある
表面に毛玉ができない
フワフワになる
相性相性相性
  • 純正のインソールのままだと"履き心地は硬い"のですが、柔らかい履き心地を追求したいならRCP900
  • 足が靴の中で動かないようにしたかったらRCP130かRCP280
  • 疲れにくさで無双するなら、RCP280(土踏まずにアーチサポートがある)
インソール3種を比較サムネイル
参考ニューバランスのインソール3種類を比較!

続きを見る

サイズ感はややゆったり

イギリス製のNBは新品の状態だとタイトな履き心地のものが多い印象なのですが、M920はメッシュの面積が多いので最初からそこまでタイトという感じでは無いです。
普段【幅が合わなくて大きめでNBを履いている方(先が余っている)】であればサイズを下げることを検討してもいいでしょう。

いわゆる、UK製のM1500やM991のようなガチガチの履き心地ではないので、誰もが履きやすい・挑戦しやすい。
逆を言えば、M1500やM991が問題なく履ける方はサイズ感を不安に思う事なく履けると言えます。

920スペック

ミッドソールのシャンク

ポイント

土踏まずを支えてくれるシャンクが安定した歩行をできるように助けてくれる。
また、靴が歪んだり変形しないので耐久性も見込めて、足にもとても優しい。

皆さんが普段履いているハイヒールや、パンプス、革靴の体内には必ずシャンクといわれる【ふまず芯】が入っています。
これは普段は見る事ができないのですが、例えるなら、人間の背骨のようなものです。
一般的にスニーカーにはシャンクを入れないことのほうが多いですが、NBのスニーカーにはたまにシャンクの役割をもつものが入っていますが920はガッツリ入っていますのでそれをお見せしましょう。

例えば、大人気の2002R。超軽量のTPUスタビライザーという支えが付いています。
これだけでも、足裏の安定感はハンパない!と私は感動しました。

ニューバランス・スタビリティウェブ
ML2002RのTPUスタビライザー

では、M920のシャンクを見てください。

いやいやいや・・・ミッドソールでワザを決められると惚れてしまう!!!!(大興奮)
こちらも見た感じ軽量化に特化した硬いプラパーツのようなものですが、適度にしなり、バネとしての反発性もあります。
まさに、超・理にかなったシューズなのです。
以上の理由から、M990v3が欲しかった方や、v3ファンの方に自信をもっておすすめできます。

ミッドソールのENCAP

シャンクについてアツく語りすぎましたが、ミッドソールのクッション構造・ENCAPにも触れておきます。

ENCAPとは

外側は耐久性に優れたポリウレタン、内側はクッション性に優れたEVAを組み合わせたクッション構造。

私たちからは外側のポリウレタンしか見えないのですが、柔らかすぎたりせず、安定性がある履き心地が特徴だと私は思っています。
グニャグニャすることが絶対にないので歩きやすく、長時間歩く時に不安になることもありません。
有名どころでいうと、世界で一番履かれているNBのML574なんかもENCAPです。

耐摩耗性のあるアウトソール

Nデュランス

登山靴などに用いられるラバーコンパウンドを独自に改良したもの。かなり硬くて明らかに耐摩耗性があるのがわかる。

一般的に販路の広いおなじみのNBに比べると、ビブラムソールのような厚みがある硬めのラバーが使われています。
よっぽど、すり足でもない限りはすぐにすり減ることはありませんし、他のブランドに比べて後ろから見たときの靴の姿がいつまでもキレイなのはNBだよな~!と思っています。

歩いていて思ったのは、前足部のラバーがしっかり地面をとらえます。
どっちかというとオフロード系のソールパターンですね。ツルっと滑る心配もありませんし、地面をしっかり蹴れるので歩きやすいです。

他UKモデルと比較!

M991と比較

M991も同様に900番台でありながら、イギリス製のNB。顔はUSA。M920と境遇が似ています。
「どっちにしようかな」と思っている方の参考になれば幸いです。

 M991M920
ヒール高さ3.5cm4cm
Nの大きさ(全長)

3.2cm(反射材を縫い付け)

M991のNの大きさ

3.7cm(反射材を縫い付け)

履き口の高さ5.5cm 5cm
雰囲気カジュアル・ハイテク系カジュアル・クラシック
使用木型細めのSL-1
ミッドソールのクッションABZORB(衝撃吸収に特化)ENCAP構造(衝撃吸収・安定)

サイズ感の結論

私はどちらも25cmを履いています。
M991は最初は幅が細い(体調によってはキツイ)と感じます。対して、M920は最初からゆったりな履き心地です。
幅広の方はM991は要試着。普段幅に合わせて大きめを履いている方はM920のサイズ下げを検討しても良い。

デザインの結論

【小さいN】のNBが好き・992993の雰囲気に近いものを探しているならM991。
M990v3のファンの方、ありきたりはつまらない・人と被りにくいのにバッチリ決まるのはM920。

街中で992・993を履いている人をめちゃくちゃ見かけるのですが、「あのファッションがしたくてすぐ欲しい」という理由であれば、正直M991もオススメです。
メルカリなどで偽物を掴まされるリスクもない上に、992993の先祖であるため系譜は似ています。

M1500と比較

イギリス製のNBってお上品なんだよね。と語られることが多いですが、その代表的なUKモデルがM1500です。
まったく雰囲気が違うのですが、M1500は販路が広いので比較してみようと思います。

 M1500M920
ヒールの高さ3cm4cm
Nの大きさ(全長)

2.7cm(直に刺繍)

M1500のNの大きさ

3.7cm(反射材を縫い付け)

履き口の高さ5cm5cm
雰囲気上品な佇まいカジュアル・クラシック
使用木型細めのSL-1
ミッドソールのクッション ENCAP構造(衝撃吸収・安定)

サイズ感の結論

私はどちらも25cmを履いています。
M1500は最初は幅が細く、甲が低いと感じます。(履いているうちに馴染んできます)
対して、M920は最初から比較的ゆったりな履き心地です(メッシュの面積が広めだからだと思います。)

デザインの結論

ドレスシューズのような上品な雰囲気(子供っぽくならない)で履きたい方はM1500
ハイテク系の雰囲気が好きな方はM920がオススメ。カジュアルな雰囲気。

まとめ


  • どんな人でも比較的履きやすい

    UKモデルは【幅が細い】【吊りこみが強めにしてある】と言われており、高確率で最初は細いと感じる方が多い傾向にあります。
    M920はメッシュの面積が多いので最初から柔らかく、履きやすい。
    ゆったりと感じる。そのため、多くの方がサイズ感を気にせず、チャレンジしやすいモデルだと思います。
    M1500やM991を持っている方はそのサイズで大丈夫です。(幅に合わせて大き目を履いている方は下げてもいいかもしれません)


  • ミッドソールが優秀

    スニーカーには珍しいシャンクが搭載されており、踵のENCAP構造も安定感抜群。
    歩く事が多い方や、足の健康を気にされる方にもとってもオススメです。


M991徹底レビュー
参考ニューバランス991を徹底評価!

続きを見る

ニューバランスの番号を超簡単に説明
参考ニューバランスの【番号】を超簡単に説明!

続きを見る

  • この記事を書いた人
may

may

製靴の専門学校を卒業後、574の履き心地に衝撃を受けたことをきっかけにシューズの良さを1人でも多くの人に伝えたいという思いからnew balanceの店舗で働き年間数千人以上の接客をしてきました。 足のサイズは25.5cm。メンズもレディースも両方いけます。

-モデル
-, , , ,